イケてる☆加工屋

2017年9月13日
20:54  から ima
8月10日のベスト はコメントを受け付けていません。

8月10日のベスト

骨折前の車載っす。。

デビューではビビリながら54秒で走ってたのに

41秒台まで上達しましたよ(笑)

今年中に40秒台に入れたかったなぁ・・・

ちなみに日光サーキット・プライド2のレコードホルダーが乗るとこんな感じ♪

体の入れ方とか、クーリングとかイチイチ格好イイ(笑)

2017年9月13日
06:34  から ima
ヤギよ、さらばじゃ。 はコメントを受け付けていません。

ヤギよ、さらばじゃ。

やっとこ退院の日を迎えた。俺を見送るかのように3匹とも近くに来やがった🎵

2017年9月12日
18:03  から ima
退院(たいのいん) はコメントを受け付けていません。

退院(たいのいん)

35日間の辛い生活も明日で終了🎵

長かったわw

んでもって請求書もきたぞ!

定価だと300万以上も掛かるんだな(汗)

やっぱり税金は払っておかないとヤヴァイわ。。。

生命保険も入ってて良かったヽ(´o`;

2017年9月12日
16:14  から ima
lock はコメントを受け付けていません。

lock

何度かレースをしてきて、ステップ周りのネジは一度も緩んだことは無いのですが、 筑波のレースだと、もしかしたら車検落ちするのでは?

と、そんな事を話し合ったのでワイヤーロックしてみました。

シフトリンク上下のボルトが一番緩みやすいと思われるので、そこだけ対策。

(逆に言えばそこ以外は緩むことは無い。)

φ2の穴を開けます。(ボール盤が無いと厳しいかも) 私はボール盤を使ってゆっくり開けました。 こんな感じ。文句無し。関係ないけど、P-LAPのセンサーを移動したよ。

カウルの内側だけど、ここで反応するのかな?

多分大丈夫だと思うけどね。

2017年9月12日
08:00  から ima
負けると分かって挑む戦い はコメントを受け付けていません。

負けると分かって挑む戦い

キャプテンハーロックや吉田松陰先生から学べる言葉だ。

負けると分かってるのに挑むほど、この2人はバカじゃない。

ほんの少しでも勝てる可能性を持ってるから挑んでるに違いない。

その方が勝った時の英雄感がアップするからだ(笑)

 

もしくは負けるのを承知の上で挑んでいる。

負ける事で得られる何かがあるから、死ぬ覚悟で堂々と挑めるのだろう。

その決意の本気さは、十分に人の心を惹きつける。

勝っても負けても英雄なのだ。

言い訳をする必要が全くないほど、本気で挑んできた経緯があれば

負ける事はどぉでもいいのだ。

負けそうだから、、無理だから、、

と考えて行動を起こさない時点で英雄の資格は無いのだ。

男は前だけ向いて進めばいい。

2017年9月10日
23:07  から ima
スーパー卍号 はコメントを受け付けていません。

スーパー卍号

目指すタイムは筑波59秒。日光38秒。

まず候補に挙がるのはFC3Sだ!

卍精神に則ればエンジンチョイ弄りのハイフロータービン仕様。

これで380馬力は可能。

だがテールハッピーなジャジャ馬…

とてもGTウイング無しでは走れないかと(汗)

 

現実として、七瀬のFC3Sが同じ仕様で

A/C・P/S無しで050を履いても

筑波3秒、日光40秒でしか走れてない…

目標を達成するには、エアロと軽量化とモアパワーは必須となる。

それではスーパー卍にならない。。。

 

FD3Sはどおだ?

伝説の赤卍号が255-40-17のRE71Rで

筑波1秒9、日光39秒8なので

050を履けば目標達成は可能かもしれん。

 

その他のマシンはどおだ?

同じロータリーのRX8でも筑波1秒が目一杯っぽい。

4WDは俺の趣味じゃないし

2ペダルの最近の高級スポーツカー風のも趣味じゃないw

 

もう一度ポルシェ997GT3でも行くか?

けど、すでに筑波59秒、日光39秒は出してるし

また1000万出すのはコスパが悪い…

BMW92M3はどおだ?

車体は400万くらいで買えるだろうけど

目標達成にはプラスうん百万は掛かるかな…

 

FFも目標達成にはスーパー卍仕様では厳しいだろう。

シルビアはどおだ?

いや、このメーカーはやめておこう…

俺のガラじゃないw

 

いやー、悩むのは楽しい(笑)

21463314_936218529869325_5953633513410420682_n

2017年9月10日
19:57  から ima
ニコフ はコメントを受け付けていません。

ニコフ

見舞いに来てくれる人に感謝だ٩( ‘ω’ )و

2017年9月7日
22:43  から ima
志をもって作る はコメントを受け付けていません。

志をもって作る

モノを作って、モノを売る仕事をしてるので

クレームに対して過敏になってるのは事実です。

取り付けるユーザーさんに

きちんと伝えられるようになれるのが理想ですが

手間を考えると、現在のスーパーナウでは、力不足で中々出来ません。

正直に言えば、やれば出来るのですが価格が上がってしまいます。

なるべく安く提供する為にやむをえずなんです。

自分達で開発して、自分達で加工して、自分達でテスト走行して・・・

今様、ニコフ、七瀬の3人しか居ない会社で出来る事は限られてます。

耐久性のテストなんか、サーキットでガンガンに走る事しか出来ないんです。

クレームを考えるとモノ作りの本筋

から外れてしまうことがあります。

ユーザーさんの目線で、機能的に優れて、低価格で提供するのがモットーだけど

クレームを考えると機能的な部分を犠牲にして、価格を上げなければなりません。

そんなの絶対にイヤです!

機能を果たす為に、必要な強度と形状、そして素材選び。

安く仕上げる為に、加工工程と図面の見直し。

耐久性を確かめる為に、

ルールを犯してでも走る。

ウチみたいな零細企業では、経験と勘に頼ってモノを作るしか無いんです。

けど、そうやって少しづつ信頼を得てきたんです。

売るのが怖くて、説明が難しくて、

世の中に出せないパーツもいっぱいある。

けど、今後も頑張ってモノ作りを続けます。

何かあったら全力でフォローします。

20170906-2

2017年9月6日
11:45  から ima
卍じゃない。スーパー卍だ。 はコメントを受け付けていません。

卍じゃない。スーパー卍だ。

どーやら二輪に乗れるのは来年の春以降になるらしい。

って事で、一時ライダーを撤退してドライバーに戻るぜ!

だが、今様ってば車が無いw

赤卍号は売却済なので新規に1台作ります♬

基本コンセプトは卍仕様だが

日光サーキットで38秒

筑波2000で59秒

が、ターゲットタイムじゃ(笑)

特に日光サーキットの二輪レコードには絶対に負けないタイムを出す!

要は、ウチの七瀬のレコードタイムが目標

って事です!

フル卍仕様では太刀打ちできないので

若干のモラルを破ってでも目標は遂行してやる!

とにかく七瀬のRGV250には絶対に勝つ♬

 

エアコン付きで、街乗り仕様だけは譲れないので

車種を選ぶところから始めよう。

あっ、もちろんチューニングカーしか興味は無いよ!

左足が折れててもクラッチくらい踏めるわ(笑)

※写真のFC3Sも候補の1台です

 

20060801224613

2017年9月4日
19:09  から ima
RGV250 VJ21 step kit,overview はコメントを受け付けていません。

RGV250 VJ21 step kit,overview

S_6646842152697S_6719079313939シフト側 ブレーキ側 実走(日光サーキット 38.768秒) バトルシフター装備。

今年の4月まで、シフターなんか無くてもタイム出るわ!って思ってたけど、いざ使ってみてマジでビックリした。

よくある説明文の通り、スロットルを戻さずにシフトアップが出来るって事なんだけど、こんなにも凄いとは思わなかったよ。

シフター無しではスロットルを戻してシフトアップをしなきゃいけないんだけど、いかにその作業が無駄だったかを痛感できます。手首も無駄に動かさなくて済むし。

スロットルを戻さなくていいという事は、キャブレター開度も全開のままという事なのだから、吸気の流れも乱れないので、パワーロスがかなり減ります。

一回入れたら、もう外せないね!マジで。

 9つのポジションから、ステップの位置を決められます。

ステップ位置も、重要なセッティングポイントです。

社外ステップというと、純正位置よりもポジションをバックさせるのが普通のイメージですが、VJ21の場合は違います。

純正位置でも充分すぎるほど位置が後ろなので、このステップキットでは、9つのポジションの中で一番後ろにした状態でも、純正と同位置です(高さは20ミリアップです)

なんでもかんでも後ろに下げれば良いという訳ではないですよ。

 

チャンバーブッシュには、RISE・ON製強化チャンバーブッシュを使用しています。

耐久性、強度が全く違います。VJ21チャンバーなら、サイレンサーバンドは不必要ですね。

( VJ22チャンバーの場合は、取り付け位置的にサイレンサーバンドは有った方がいいです )

シフトペダルの操作性というのは、ペダルの支点と長さによって決まります。

ペダルの支点は、足が乗っかるステップバーと、シフトペダルのペグとの直線上に有るのが理想です。

じゃあ同軸ペダルにすれば一番じゃん!! というのは、俺の考えでは間違い。

というか、人それぞれ乗り方ってあると思うんですが、俺の場合は同軸ペダルだとつま先がペダルに触ってしまうんですよね。

そうすると、シフターの付いている車両では誤作動の原因だし、ブレーキ側では意図せずブレーキを踏んでしまうのでとても乗りづらい。

ということなので、左右とも別軸とし、スペース、操作性を考慮して一番適当な場所を支点にしました。 別軸だと、修復も簡単です。ちなみにペダルの根元や、シフトリンクの根元にはベアリングを2つ挟んで使用しているので、横方向のガタが全くと言っていいほど無いです。

めちゃくちゃ気分良いです。

更に!気が利いているので(笑)ギアアームまで製作し、付属させてます。

この部品まで付属してるなんて、普通無いね!

良い物を使って欲しいから、自分の思い通りの商品を作ってます。

ステップバーは、転倒時に敢えて折れやすくすることで、フレーム本体へのダメージを極力抑えます。

耐久レースをやってるわけでは無いので、ステップバーに強度は不必要です。

 

ちなみにマスターシリンダーは純正が”使用不可”。

VJ21の場合、スイングアームはVJ22用にしなければお話にならないので、普通は交換するんですが、

そうすると純正マスターシリンダーではホースの取り付け位置の関係でどうしても取り付けに無理があります。

なので、VJ22、23などの、取り付けピッチ49ミリのスズキ純正マスターを使用します。

ブレーキホースは、バンジョーの中心から中心の距離で700ミリを使うと丁度良いと思います。