イケてる☆加工屋

2018年7月21日
11:16  から ima
卍仕様 はコメントを受け付けていません。

卍仕様

img_4918夏でも冬でも普段履き出来るRX-7に乗っている。

エアコン入れっぱなしでもアイドリングが安定してる。

渋滞しても半クラが楽なATSカーボンツイン。

静かなマフラー。

便利なリモコンスターターやリモコンドアロック。

毎日ストレス無く乗る為の改造ばかりだ。IMG_5236

足回りは拘りをもって仕上げた。

けど、減衰は一番柔らかい所を使ってる。

過去最高に乗り心地が良い。

段差を気にしないよう、車高も高く設定してる。

タイヤは16インチラジアルだ。Sタイヤは履かない。

それでもRX-7はイケてる。img_5153

サーキットに行く時も準備が大変なのはヤダw

荷物を積む為にシート外したりするなんて面倒だ。

帰ってきてからシート付けるのも面倒くさい。

エア圧をサーキットで下げたりもしない。

帰りにエアを入れ直すのが面倒だ。

走行後の洗車も面倒なんでマッドガードを装着。

溶けたタイヤカスがボディに付くのを防止出来る。img_5259

0.1秒でも速く走ろうなんて器の小さい事も言わない。

気軽にRX-7を楽しむことを重要視してる。

タイムはそこそこしか出ないけど

今時売ってる1500万クラスの新車より速いよ(笑)

FD3Sはチューニングして自分好みにして乗る車だ。

ノーマルで乗る価値はゼロ。015 (2)

2018年7月19日
14:51  から ima
LS500・LC500 はコメントを受け付けていません。

LS500・LC500

IS-Fの時から変わらずリアメンバーがゆるゆるである。

乗り心地を優先するのは分かるけど

高速走行となると話は別だ。img_5248

このリアメンバーカラーを装着すると

150kmからの操作が格段に上がるからね。

って事なので2万円(税別)で安心を買いましょう。

リアメンバーは4ヶ所で止まってます。

後ろ側はボルトを抜いてカラーを嵌め込みます。

カラーとボディの溝が合うようにします。

ノーマルはズレてる場合があるので

その時はメンバーを少し持ち上げバールを当ててください。img_5245img_5246

img_5242ボルトを締めれば終了。

前側はカバーを外すとステーが3ヶ所で止まってます。

ここもネジを外してカラーを入れるだけです。

テーパーの向きに注意して入れてください。img_5243 img_5244

これで終了。

アライメントなど取り直す必要もありません。

乗り出してみても変化は分からないと思いますw37488651_1117497705074739_6411380729673940992_n

高速でのレーンチェンジなど

ゴムブッシュが動くシチュエーションで効果を発揮します。

ちなみにノーマルのブッシュは指で押しても動くレベルなので

装着の時にでも押してみてください(笑)

記念に赤卍号と2ショットだw

オーナーも満足そうである。

お買い求めはコチラから

37319897_1117497698408073_7724767082952261632_n

2018年7月18日
19:30  から ima
ドリフトむずい はコメントを受け付けていません。

ドリフトむずい

朝一は275/35-18のZⅡでやってみた。

いっぱいアクセル踏まないとケツ出てくれない。

けど、気合も入るし気分は悪くなかったな。

切れ角がノーマルなんで、どぉかな?って不安だったけど

なんとか角度抑えて1~6コーナーまで出来た。

 

2本目はリアを225/50-16のDZ102に交換。

ものすごく振り出しが楽ちんちん。

速度抑えてもケツ出せるんで運転に集中出来る。

 

3本目はフロントをZⅢからDZ102に交換。

多少レスポンスが悪い気がするけど、俺には関係ないレベル。

けど、富久田先生に

『切り返しがもっと早いといいよね』

と、やんわりダメ出しもらいました(笑)

 

もぉ暑くて帰ろうかと思ったんだけど

4本目は逆走出来るらしいので走る事にした。

切り返しがどぉしても上手く出来ないので

今度は平岡先生に聞いたら、ものすごく丁寧に教えてくれた。

グリップ走行では考えられない操作でたまげる。

 

実際にやってみると平岡先生の言ってた意味は分かる。

あーなるほどね♪

って思うんだけど、頭と体がリンクしないわ。

けど、振り返しが楽しくなったよ。

 

楽しくなったので5本目も走った(笑)

体力も限界だが面白くてたまらん。

ちんこ握ったまま寝ちゃう感じと一緒だw

走れば走るほど得るものがあるので、マジで面白い。IMG_5235

DZ102も優秀だ。

グリップも丁度いいし、減らないし、剥がれも無い。

俺の走りなら1日十分に持つわ♪

 

最後の6本目も行きたかったけど

ガソリンが無くなっちまったわw

暑さも酷いし、体力もヤヴァそうだったので

ガス欠で助かったかも(笑)

んで、とっとと荷物積んで帰路に。

高速使わない派だけど、さすがにヘトヘトだったので高速乗った。

エアコン効かせての高速移動は最高だ。

2018年7月17日
08:29  から ima
カーショップフジ走行会 はコメントを受け付けていません。

カーショップフジ走行会

2時間前に到着。

ドリフト中級者なので身分をわきまえて早めの受付だ。

ピットも空いてたけど身分をわきまえて端に止めた。

img_5217

2018年7月16日
21:56  から ima
明日は日光 はコメントを受け付けていません。

明日は日光

一応準備したけど、なんか気が乗らない。

ニュースでやってる豪雨災害が気になるからだ。

東北の地震や熊本の地震の時も

なんとなく気分良く遊ぶ気にならないな。

毎回、少しだけ協力するんだけど

微力過ぎてやんなっちゃう・・・

けど、行ってくるよ。

俺が行動を自粛しても何もならん。

せめてブログを読んでる人の暇つぶしにでもなれば幸いである。

 

先日の岡村塾で【ドリフト】のドの字くらいは掴んだ気がした。

それを日光で試したいのだ。

グリップメインの赤卍号のセットのままで

ノーマル切れ角で浅い角度でのドリフトを目指す。

角度がないとドリフトじゃない!

ってイメージを捨てて、単純にドリフトコントロールを覚えたいだけ。

大会に出るとか、追走するとか全く考えてない。

もっと敷居の低い所で車を楽しみたいだけである。

 

なもんで、赤卍の仕様変更はタイヤのみ。

フロントには225/45-16のZⅢ

リアは225/50-16のDZ102を買ったぜ!

安いと思ってた16インチだが

ドリフトタイヤに限っては17インチの方が安いんだなw

しかも16インチなんて全く該当サイズの設定も無いw

けど、噂によるとダンロップは持ちがいいらしいし

フル内装付きの赤卍号には

16インチじゃないとタイヤが車に積めないのだ。

グリップでもドリフトでも、内装を外す事は卍道に反するのだ。

dz102-top-2018

2018年7月15日
10:02  から ima
RX-7 中古パーツ はコメントを受け付けていません。

RX-7 中古パーツ

七瀬のガレージ整理してたら出てきた。

パッシングレンズとウォッシャータンク。

タンクは多分FC3S用だと思われます。

あんまり記憶に無いので買う人は写真をよく見て確認してくださいw

パッシングレンズはキズが多目です。

ウインカーレンズもセットです。

スーパーナウの中古パーツはコチラ

IMG_5212

IMG_5213IMG_5211IMG_5210IMG_5209

2018年7月14日
15:50  から ima
サカモトエンジニアリング はコメントを受け付けていません。

サカモトエンジニアリング

ロータリー最速のチューニングショップである。

筑波 54秒

SUGO 1分23秒

ツインリングモテギ 1分55秒

ってアホみたいなタイムを出すが

卍レベルの車でも面倒見てくれるぞ。

場所は餃子の町、宇都宮(うつの、みや)

北関東の名に恥じない場所で最の高である。

サカモトエンジニアリングHP

img_5201

昨日は近くまで来たからと、色々と確認してくれた。

ちょいちょいと見てくれると心強い(笑)

おかげで、このクソ暑い中でも

エアコン付けて快適にドライブ出来て嬉しいわ♫

炎天下でも普通に乗れるって素晴らしい!

納品があったので、そのまま炎天下ドライブ♫img_5206

あてもなく陽が落ちるまでブラブラして帰宅。

ABSのヒューズ抜いたままなので

警告灯が点きっぱなしでドリ車っぽい(笑)

ドライブ・ドリフト・草レースと大活躍な赤卍号。

俺は死んでも乗り続ける。

赤卍号もサカモトエンジニアリングも最の高だ。

サカモトエンジニアリングHPimg_5208

2018年7月12日
15:22  から ima
NSR250R MC18 STM はコメントを受け付けていません。

NSR250R MC18 STM

MC18用、ステムキットについて。

IMG_1004

 

タイプ35

S_8251303991270

タイプ40

タイプ40とタイプ35は、見た目がほとんど同じなので、トップブリッジと、

アンダーブラケットに目印をつけてます。

S_8251946863094

矢印の部分に、

・点が有るのがタイプ40(写真上)

・点が無いのがタイプ35(写真下)

S_8251982413580

ベアリングレースは打ち替えます。

S_8251982460151

差し込んで、

S_8251982484332

ダストシールも付けて、

ここで注意点!!!

ステムナットと、トップブリッジの間にはカラーを挟みます。

S_8251982531081

(88は純正で同じようなカラーが入ってますが、89はトップブリッジと一体になってます。)

が、このカラーには段差があって、内径が大きい方がアンダーブラケット側(下側)です。

ステムナット用のネジ山が逃げるようになってます。

S_8251993787443

逆につけると、カラーは浮くので、バカじゃ無ければ間違えないと思いますが。

後は優勝でしょ。

S_8251993718911 S_8251993821189

【タイプ40と、タイプ35の違い】

ステムシャフトと、フロントフォークの距離が、35ミリか、40ミリか、というだけの違いです。

純正は35ミリです。

どちらもメリット・デメリットは有るので、自分に合った方を使いましょう。

 

例えば、タイプ40を使ってみると、タイプ35に比べて、

・コーナー進入時に舵角が付く感じがする(メリット)

・ブレーキをリリースした時に、タイプ35の時に通れたラインより外側に向いてしまう(デメリット)

こんなイメージ。

 

他には、タイプ35も、タイプ40も、

・純正と比べて剛性が髙く感じる。

・ステダンが無いと、ステム自体の軽量化の変化が分かる(切り返しの時)

というのも有るかも。

 

体を内側に入れる乗り方が出来る人なら、ブレーキリリース時の外側に向いてしまう症状は改善出来るかもしれないし、出来ないかもしれない。

進入時に舵角が付く感じが、切れ込んで危ないっていう場合はタイプ40が合わないかもしれない。

こういう問題は、全員に同じ解決方法がある訳じゃないと思うので、難しいよね。

だから参考で。

 

この商品はセッティングパーツだから、そこをよく理解してほしい。

サーキットで楽しく、あわよくば速く走りたいという方に向けて作ってる部品なので、

キーシリンダーなんて当たり前の様に付かないし、そもそも万人受けする商品を作ろうとする姿勢は

確実に手を抜く原因だと思ってるので、(それが良い場合も有る)

ユーザーに合わせられるとこは合わせて、合わせられない場合は合わせない。

 

ちなみに、私には35と40の違いが今の所あまり分かりません、、、

そういう人は、タイプ40を使って干渉対策をするのが良いかな!

2018年7月12日
14:06  から ima
NSR250R MC21 STM はコメントを受け付けていません。

NSR250R MC21 STM

MC21用ステムキットについて。

(MC28も共通のハズですが、実際には未確認ですので、取りつかない場合は返品可能とします)

S_8251301912964

↑これがタイプ40

S_8251335615042

↑これがタイプ35

見た目じゃ殆ど分からないので、目印をつけておきました。

S_8251660197247

赤矢印の部分に、

・点が付いていたら、タイプ35(写真上)

・点がないのが、タイプ40(写真下)

S_8251659684618

トップブリッジは、サンドブラスト後にアルマイト。

S_8251660052838

裏側は彫り込んで軽量化。ステムシャフトもアルミで中空です。

フロントスタンド用の穴はΦ24.5。純正とほぼ同じです。

S_8251659832561

ベアリングはニードルテーパーベアリングに交換しますので、

付属のレースに打ち替えます。部品代だけでも結構高いっす、、、

シャフトはアルマイトしていません。理由は、アルマイト同士の部品だと、なぜか圧入が綺麗にできなくなるからです。

S_8251659201750 S_8251659410785

ハンドルの切れ角はこんな感じ。

このくらいの切れ角が、操作に支障が出なくて干渉も防げるかなと。

S_8251659557532

【タイプ40と、タイプ35の違い】

ステムシャフトと、フロントフォークの距離が、35ミリか、40ミリか、というだけの違いです。

純正は35ミリです。

どちらもメリット・デメリットは有るので、自分に合った方を使いましょう。

 

例えば、タイプ40を使ってみると、タイプ35に比べて、

・コーナー進入時に舵角が付く感じがする(メリット)

・ブレーキをリリースした時に、タイプ35の時に通れたラインより外側に向いてしまう(デメリット)

こんなイメージ。

 

他には、タイプ35も、タイプ40も、

・純正と比べて剛性が髙く感じる。

・ステダンが無いと、ステム自体の軽量化の変化が分かる(切り返しの時)

というのも有るかも。

 

体を内側に入れる乗り方が出来る人なら、ブレーキリリース時の外側に向いてしまう症状は改善出来るかもしれないし、出来ないかもしれない。

進入時に舵角が付く感じが、切れ込んで危ないっていう場合はタイプ40が合わないかもしれない。

こういう問題は、全員に同じ解決方法がある訳じゃないと思うので、難しいよね。

だから参考で。

 

この商品はセッティングパーツだから、そこをよく理解してほしい。

サーキットで楽しく、あわよくば速く走りたいという方に向けて作ってる部品なので、

キーシリンダーなんて当たり前の様に付かないし、そもそも万人受けする商品を作ろうとする姿勢は

確実に手を抜く原因だと思ってるので、(それが良い場合も有る)

ユーザーに合わせられるとこは合わせて、合わせられない場合は合わせない。

 

ちなみに、私には35と40の違いが今の所あまり分かりません、、、

そういう人は、タイプ40を使って干渉対策をするのが良いかな!

2018年7月11日
23:49  から ima
自称中級者の悩み はコメントを受け付けていません。

自称中級者の悩み

タイヤが無くなったので交換。

去年買ったダンロップZⅢだ。

色んなタイヤを薦められて悩むんだけど

まずは持ってるモノでやってみる所存である。img_5185

サイズは225/45-16で外径は608ミリと小さい。

ドリフトに使うときはフロント専用だ。

けど、赤卍号には17インチキャリパーが装着されてるので

通常は16インチを履けないのだ。

そこで、30ミリのワイドトレッドスペーサーの登場だ。img_5188

しかも純正ホイール専用設計のワンオフ。

加工屋って便利だな(笑)

リアタイヤは、あるモノでやるスタイルなので275/35-18のZⅡだけど

地元のドリフト後輩達から

『そんな太いのやめた方がイイっすよ』

って言われて、心が揺らいでるw

かと言って、新たに買うのも勿体無いし。。。

う~ん。悩むのも楽しい(笑)img_5189