イケてる☆加工屋

SUGOの反省

23:47


実は今回は辛かった。

1本目の予選のフィーリングは悪くない。

レブを8500rpmに上げたんで

通常4速に入れるポイントも3速で踏み抜いた。

けどなんかパワー感が薄いのだ。

1周したところで水温計見ると、なんと108度だ。

油温も100度を超えている。

 

暑いのは確かだけど、そこまで暑くはないのにだ。

過去には7月の猛暑でもレースやったけど

水温が100度を超える事はなかった。

理由は間違いなくパワーアップだな。

水温が上がればCPUが補正しちゃうからだ。

ストレートスピードは7km落ちて216km。

 

レース中は更に悪化。

水温は114度まで上がり、油温は108度だ。

途中リタイヤしたかったけどバトルが面白すぎたので

6000~6500シフトにして、なんとか完走した。

 

赤卍号はVマウントになってるんだけど

ボンネットはダクト無しのノーマルだ。

帰りにSモトエンジニアリングに寄って診て貰ったら

吸気温度も55度だったみたいで

そりゃパワー出ないでしょ、って感じだ。

5速に入れるポイントも100mも遅れてたわ。

はぁ。

 

夏場のレースに限って

ダクト付きのボンネットに交換しようかと考えてる。

卍仕様に拘って、エンジン壊しちゃ本末転倒だ。

 

期待してたRE-71RSだけど

ロガーで見る限りボトムスピードも上がってるし

ブレーキの減速ラインも鋭く落ちてる。

俺と赤卍号のパッケージは間違いなくRE-71RSが合う。

 

街乗りの快適性能はA052の方が上。

RE-71RSの噂のウンコは、ギリ合格かな。

思ってた以上にウンコは付かなかったよ。

今回の暑さの中でのレース中のグリップ感はダメだな。

もぉヨレヨレで、3周目あたりからはハンドルを切ると

どこかに飛んで行っちゃいそうなほどヨレヨレだった。

 

夏に弱いのか、耐久性はどぉなのか。

コースに合わないのか、エアの設定はどぉなのか。

もぉちょい走りこんでデータを蓄積して判断したいと思う。

 

予選動画。1分35秒1。

ちなみに最終コーナーで前を行く32GTR?

めっちゃデフかミッションオイル噴いてたよ。

赤卍号が油まみれになっちまったじゃねーか。

現地で窓の油を拭くのにパークリ半分使っちまうほど。

 

帰ってきてからもボディの油が落ちなくて

今日1日の大半を費やして何とか落としたわ。

まぁ、車のボディに付いた油は拭けば落ちるけど

コース上に撒くのはよろしく無いから

メンテをしっかりやりましょう。

image1


コメントは受け付けていません。