イケてる☆加工屋

昭和時代と平成時代

23:46


俺のFC3Sは昭和63年式の貴重なGT。

ノーマルショックなのに8段調整だ。

けど、1でも8でも変化は無い。

純正のロアアームは分割式である。

チョイ加工でロングアーム仕様も可能。

けど、乗り心地はかなり良い。img_6422

抜けたショックと3kくらいのレートのバネの組み合わせは絶妙だ。

ハンドルを切っても車の動きが悪い。

アクセル入れてもリアが沈みすぎて車が前に出て行かない。

これでもイイかな?って思ってたけど

どーにも車高が高すぎる。

さすがに我慢できなくて車高調整投入だ。

ヤシオファクトリー製のFC3S用(ピンク)だ。

FD3Sにも使ってるけど悪くない。ってかイイ!img_6426

綺麗にメンテして、スーパーナウパーツも合わせて組んだ。

地味だったエンジンルームが華やかになった。

けど、アッパーだけ派手なのも、っぽく無いので

純正の蓋を被せたよ。(笑)img_6427

とりあえずリアの車高が純正比8cmダウン。

フロントが4cmダウンってところでセット。

あんまりテンダースプリングって好きじゃねーけど

FC3Sには有効かも知れないから使ってみた。img_6425

んで、早速試走。

ショックは一番緩い所で走ってみたけど、仕事しすぎだわ。

地元じゃ有名な【よろずやコーナー】なんか

ノーマルとは比べ物にならんレスポンスだ。

走るのが1000000000倍も楽しい。

街乗りで、これ以上ショックを締める事は無えーな。img_6429

エンジンパワーがノーマル推定160馬力なんで

サーキットを攻める事はずいぶん先の話になる。

とりあえず峠でも行ってみようと考えてみたが

どんな動きをするのか不安だ。

って事で一度サーキットでセッティング出ししよう!

サーキットは峠に比べたら安全だし

セット変更もサーキットの方が楽だしな。

峠を楽しむ為にサーキットでセッティング。

昔とは全く逆のスタイルで面ろいわ。


コメントは受け付けていません。