イケてる☆加工屋

新品と中古

13:32


新品でも中古でもタイムが変わらない人がいる。

なぜか考えてみた。

俺くらいになるとブレーキを踏んだ瞬間や

アクセルを入れたり、ハンドルを切った瞬間に

タイヤがどのくらいグリップしてるのか

経験や感覚で分かるのだ。

瞬時に理解するので、途端にブレーキを弱めたり

アクセルを入れたりする事が出来る。

これは新品と中古に限った話じゃなく

中古と中古でも同じだ。

限界点を感じ取れる事と、遅い速いは別の話。

俺だって、食わないタイヤで走れば遅くなるし

パワーが落ちれば遅くなる。

タイヤの限界点を感じる事とは全く違う話だ。

よく、初心者なんだから新品なんて10年早いわ。

って話を聞くけど、それは上級者の目線だ。

初心者だって積極的に新品を履くべきだと俺は思う。

新品を履いたけど、全然タイムが上がらなかったとか

新品を履いたけど、中古との差が分からなかったとか

履き比べれば初心者だって、何かしら得る物がある。

よく聞く話を真に受けて、どぉせ履いても無駄だ

なんて、勝手に決めつける事こそ脳内退化を招く。

やってもねーのに、勝手に事を決めつけてはダメよ。

やってみる事が大きな前進になる。

数字(タイム)は関係ない。

経験値や、感覚は数字じゃないからな。

新品履いてもタイムが上がらないのは

タイヤがどのくらい余ってるのか理解出来ないからだ。

タイヤのグリップは上がってるのに

タイムは伸びないし、怖さも変わらない。

これが初心者あるあるだ。

練習方法は簡単だ。

まず、怖さを感じないレベルで走ってみる。

ブレーキは目標点を決めて早めに踏むんだよ。

けど、しっかりフルブレーキするのが大事。

すると、思ってた通り全然手前で止まるはずだ。

あっ、俺の車ってこんなにブレーキ効くんだ。

って、安心感を得られれば怖さは減る。

初心者は恐怖心と戦ってはダメ。

恐怖心と戦わなくてもタイムは上がるはずだ。

まず、怖くない範囲で攻めてみるといいぞ。


コメントは受け付けていません。