イケてる☆加工屋

敗者の筑波分析

01:07


1分1秒9 25.2 25.3 11.3 (筑波リザルト)

最高速 199.5km (デジスパイス)

詰めれば、あと0.6秒は上げられると思う。

動画でロスしてる部分をピックアップ。

1コーナー立ち上がりで一瞬カウンターが当たってる。

これはLSDが悪さしてると思う。

効いて欲しくない部分で効いてる感じがする。

もっとイニシャルを落とせばカウンターは当たらないはず。

 

1ヘアのブレーキが甘い。

あと10メーターは我慢出来るデータがあるからだ。

ダンロップ先のカウンターもLSDが悪さしてる。

その先で4速にシフトアップするんだけど

ダンロップは上り坂なので

3速でレッドゾーンまで引っ張らないと駄目。

2ヘアまでのスピードが全然違ってくる。

 

2ヘアのブレーキも甘い。

データ上で11メートルも手前だわ。

最終のブレーキもアカン。

同じくブレーキポイントが手前すぎる。

んで、その後が減速し過ぎ。

 

ブレーキポイントが手前なのは

てめーがビビッてるだけなんだけど

減速し過ぎな理由は、やっぱりLSDだ。

緩い減速で進入するとLSDがロックして

アクセルオフでオーバーが発生するからだ。

 

その後の最終コーナーの不安定感もLSD。

軽くアクセルが入ってるにもかかわらず

ケツがフラフラするのは間違いなくLSDの悪さ。

イニシャルをもっと落とせば

不安定感は減って、もっと早くから向きも変えられるし

アクセルオンも早めから可能なはず。

 

ただ、これはエアロが全く装着されてない赤卍号に限った話。

GTウイングがあれば解決できる可能性は高い。

付けないけどね。

無題

ただ、今回はいい所もあった。

赤丸部分がそうだけど

クラッチをATSカーボンツインに変更した事で

シフトアップがスムーズになった。

前回はクラッチが切れてない症状が出てたので

めっちゃロスがあったけど、今回めでたく改善した。

ATS最高だわ。

 

あと、最高速が200kmを超えたこと。

さすが宇都宮の英雄【サカモトエンジニアリング】だ。

ブーストアップで見事に200km超えは素晴らしい。

 

レースは岡ちゃんに負けちまったけど

負けが目に見えてたので

7000rpm縛りだったからな。

勝てない勝負に無理に挑む必要は無い。

車とドラテクを改善して来年リベンジだ。

 

それにしても筑波ってとこは

4輪がレースするサーキットじゃねーな。

狭いし忙しいし、車が冷える間も無い。

やっぱりレースやるなら違うサーキットがいいわ。

筑波はタイムアタックだけでいいかな。

出ないけど。


コメントは受け付けていません。