イケてる☆加工屋

スピンしない運転の仕方

17:36


38秒を狙いに行ってみたが40秒だった。

とにかく暑いわ。

田村に 『来い!』 って言われなければ

行きたくなかったし。クソめが。

しかもあの野郎、39秒出すとか豪語してたくせに

40秒しか出てねーし。

顔は迫力あるけど、走りは迫力無いわ。

まぁ、俺も40秒しか出なかった訳だが

何が悪いのか分からんほど暑かったので

今日は無かった事にしたw

ここまで暑いとマジで色々な要因が出てくるからな。

無題なもんで、今日は高速コーナーでの

カウンターの当て方を考えてみる。

俺には珍しく、コーナー出口で怖い思いをした。

まずはその時の動画をどーぞ。

初心者だったら、このままイン巻きしてスピンかな。

イン巻きする理由は

アクセルを踏み続けてしまいケツが回り込むから。

それともぉひとつ。

カウンターを当てるのが遅いからだ。

 

イン巻きは車が大破するからヤヴァいぞ。

初心者がこのような場面になったら

カウンター操作でクリアしようとしない事!

カウンター量が少ないと巻き込むんだけど

カウンター量が多いとオツリ食らって左に飛ぶ。

初心者には適度なカウンターは絶対に当てられない。

 

初心者の取るべき手段はひとつだけ。

ケツが出た瞬間に、このコーナーを諦める事だ。

『あっ、ケツが出た!』と思ったら

すぐにアクセルを戻すしかない。

これなら初心者でも可能だ。

 

けど、初心者と言えど

中々アクセルは抜かないもんだ。

理由は0.1秒でも速く走りたいもんな。

ちょっとくらいならケツが出ても大丈夫じゃね?

ちょっとカウンターうまく当てれば大丈夫じゃね?

そう考えるのは中級者になってからでいい。

まずは車をぶつけないようにしよう。

 

勇気をもってアクセルを抜く事だ。

タイムは次の周に出せばいいじゃん。

次の走行会で出せばいいじゃん。

来年でもいいじゃん。

とにかくケツが出たらアクセルを抜こう。img_9353


コメントは受け付けていません。